So-net無料ブログ作成
検索選択

放射能から岩沼をまもる会 [学習会]

子どもや私たちの未来と健康を守るため、なんとかしたいという熱き想いを持つ市民有志が集まり、「放射能から岩沼を守る会」を立ち上げました。
はかりたい4月.jpg


 さて、このたびの東京電力福島第1原子力発電所の事故による放射能汚染は未曾有の放射能公害となりました。岩沼市内の空間放射線量は微減傾向でありますが、今後、危惧すべきは水や食材を通して放射性物質を取り込む内部被ばくです。
 学校給食は育ちざかりの子供たちに、その身体の成長に大きな影響をもつ大切な食事です。ママさんたちからは「食の食前検査と公表、給食・弁当の選択や水筒持参の継続、こどもの放射能検査をやってほしい」等の声があがっています。また、「こどもの過ごす時間が長い校庭、園庭や公園の土壌検査はしているの?表土除染はどうしている?」「家庭菜園の土壌は大丈夫なのか?」「福島から流れてくる阿武隈川を水源とする岩沼市水道は安全、安心だろうか?」「岩沼市のホームページを見ても放射能のことを書いているページを探しにくい。一目でわかるようにしてほしい」等、様々な放射能対策について市民からの要望が高まってきています。
このような背景のもと、子どもや私たちの未来と健康を守るため、なんとかしたいという熱き想いを持つ市民有志が集まり、「放射能から岩沼を守る会」を立ち上げました。

放射能問題は、この先、数年間、あるいは数十年間に向き合っていく必要があると考えます。非常に重い問題です。何十年間という途方もなく長い年月を前にして、危惧の念が芽生えたばかりの今、この時期にできる限りの対策を講じておれば、きっと将来、大きな実を結ぶものと確信しております。

次世代をになう子ども達がこのふるさと岩沼で健やかで幸せな生活をいつまでも送れますよう、具体的な提言、活動をしていきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。