So-net無料ブログ作成

岩沼市の食品放射能測定 もっと検出限界を下げて! [食品放射能検査]

岩沼市ハナトピアでの食品放射能検査 もっと検出限界を下げて!!
  
今回、野生セリを測定してもらったが、検出限界は60Bq/kg位であった。(写真-1 )これでは乳児用食品50Bq/kg以下を確認できない。言わば、100以下かどうかを測っているだけに過ぎないのでは? 使っている千代田テクノル製FS200、FS300の限界なのだろうか? 

要望  以下のことをすれば、検出限界はもっと下がるし、機械の性能をもっと引き出せる。  

      測定容器を現在の「V11」型から「マリネリ容器」へ変える。(以下に詳しく)
      測定時間 今の10分間から20分間以上へ  検出限界は下がる。(この件は、メーカーの千代田テク      ノルに電話して確認済み)
写真-1

    うちの野生セリの測定結果食品放射能148.jpg

サンプルを入れる容器がどうもおかしい?
食品放射能sokutei.jpg
今、使っているのは左図のように、検出器の上に、普通の丸形(これをv-11型容器という)をおいて使用している。明らかに、これだと検出器に接触する部分が少なくなる。 カタログをみると、別な形の容器を使っている。この容器が「マリネリ型容器」だ。 早急に改善すべき。

サンプル容器 

    
 測定容器を現在の「V11」型から「マリネリ容器」へ変える。測定時間を延長しなくても、容器を変えるだけで、検出限界は下がる。

参考まで、話は細かくなるが、、。
--------------------------------------------------
 マリネリ容器、V-11容器
マリネリ容器とは? 
maxam_img.jpg

V-11容器とは?
v-11容器.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。