So-net無料ブログ作成

阿武隈川取水のi岩沼市水道水は本当に安心できるの?  [水道水]

岩沼市玉崎浄水場にて面談(6月12日 午後3時)

阿武隈川取水と七ヶ宿ダム取水の水道水の精密検査について、話し合いました。
精密検査の必要性等(放射性物質高濃度の浄水発生汚泥、阿武隈川原水のセシウム濃度、精密な記録の必要性等)を話題に話を進める。  (放射能から岩沼を守る会から参加 3名) ( 提出資料 参照のこと)
------------------------------------結果
-----
1) 水道水精密検査に関する市の対応

 今回の私達の動きについては、玉崎浄水場から早速(前回 訪問からまもなく)、市のトップ、井口市長や副市長にも事情を話してくれて、感謝しております。
 市としては、水道水は基準の10Bq/kgを下まわり、現実には1Bq/kgを切っているので、これ以上は細かい検査はやらないとのこと。行政が動かないことは残念ですが、ただ、守る会として測定は自由にやって下さい、サンプルを提供することでした。

 結果は別としても、今回は 岩沼市トップにも少しでも通じたことで良かったと思います。「阿武隈川取水をやめて南部山100%を目指す」にしても、精密な水道水検査のデータが必要であり、今回は、その1歩になるかと思います。

2)サンプル依頼の件
  
 サンプル候補として
      七ヶ宿ダム浄水場 蛇口水
      玉崎浄水場     蛇口水
      阿武隈川原水 
等あります。各浄水場からのサンプルは玉崎浄水場で採取してもらえることとなった。 ただ、阿武隈川原水は取り入れ口付近から自分達で採取できる。どれだけを分析依頼するかは、費用等も考えて、決めていきたいと思います。

3)費用は?
もっと安くならないのかなと頭が痛いです。としても、後世に記録を留めるためにも、頑張って集めて分析しないと、子ども達に申し訳ない。 市民で集めるしかないか。 どれ位かかるかと言いますと

横浜の同位体研究所へ依頼した場合

     精密検査  例 
    定量下限 20L : 0.013 Bq/L
  (検査費用  2検体の場合、)
      セシウム濃縮   45,000*2=90,000
      ストロンチウム   35,000*2=70,000       
         計160,000円(税別)

==================================================


以下、資料

阿武隈川取水と七ヶ宿ダム取水の水道水の精密検査について以下のような案を企画中です。 
------------
(検査理由)
 岩沼市の水道水中の放射性物質 最新の測定結果(5月15日)では
セシウムは 玉崎浄水場 ;  不検出(1.3未満)  (財)宮城県公衆衛生協会
 仙南・仙塩広域水道事業 南部山浄水場 不検出(0.6未満) 宮城県
いずれも不検出となっているが、阿武隈川からに水道水は本当に安全
なのか市民の不安感は大きい。

分析結果の問題点
  1)浄水発生汚土の放射能測定値が非常に高い。
  6月広報にて、浄水土が何故高濃度かの説明が掲載された。
  内容は「浄水場の工程」のためとされているが、内容は分かりにくい。
  測定値は 最高27,192Bq/kg (H22.9-H23.4.14)で、最近の物でも8000Bq/kg 近く、油断が出来ない。
  
  2)水道水における放射能検査成績
   阿武隈川原水のデータ(セシウム)を見ると、最大値は事故直後
   でなくて23年9月21日 Cs-134 5.3 Cs-137 6.2)である。すなわち台風等の場合、ぐんと高くなる恐れあり、安心できない。   
   
   3)記録を残す
   チェルイノブイリ事故の後、ドイツ南部バイエルン地方での飲料水等の分析結果を見ると、阿武隈川から取水している岩沼市水道水も本当の分析記録を後生に残す必要がある。(¥参考グラフ 添付) 分析値は0.001Bq/.l まで測定している。
飲料水.png 
チェルノブイリ事故以後のドイツバイエルン地方での飲料水の放射能検査
引用先
有機農業における物質循環系に及ぼす放射性物質の影響
木村園子ドロテア
東京農工大学 大学院 農学研究院
精密な検査
阿武隈川から取水している岩沼市玉崎浄水場の水道水と七ヶ宿ダムから取水している仙南・仙塩広域水道事業 南部山浄水場との放射性物質コンタミのデータを取りたい。

(検査方法) 
その1  現在、分析している東北大学、もしくは (財)宮城県公衆衛生協会
   で精密な検査はできないか?
     (精密な検査とは? 例 
    定量下限 20L : 0.013 Bq/L
その2  検査依頼先 同位体研究所(横浜)

  サンプル候補として

       七ヶ宿ダム浄水場 蛇口水
       玉崎浄水場     蛇口水
       阿武隈川原水 
 検査内容
 放射性ストロンチウム(Sr-90及び89):
 放射性セシウム精密測定(水、海水)
   
サンプル入手方法  玉崎浄水場へ依頼
サンプル容量
      セシウム精密用  20 リットル
      ストロンチウム    2 リットル
(検査費用  2検体の場合、)
      セシウム   45,000*2=90,000
      ストロンチウム 35,000*2=70,000       
         計160,000円(税別)
    
    寄付金、カンパ等をあてる



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

さや

トリチウムの検査をしたら、福島でもでてるということは下流の岩沼でもでると思います。岩沼市はトリチウムの危険性について周知してないんでしょうか…。セシウムだけ調べても、安心して暮らせません。阿武隈の水を混ぜるということは狂気の沙汰としか思えない。
by さや (2012-06-12 20:41) 

関西弁のオジサン

ありがとうございます。早速、トリチウムの件「河川水等の環境放射線モニタリング(トリチウム)調査結果について 平成24年5月21日」  勉強します。
by 関西弁のオジサン (2012-06-12 23:01) 

陸軍報道班員の末裔

 初めまして。
 気をつけて欲しい点がありますので、カキコさせてください。

 減少が認められた地点のうちいくつかのサンプル採取は、数日前に近隣で60ミリの雨が降った後に行われたものです。(2011年11月19日の小名浜の天気データ参照。また県内各地では同月11日も雨が降っている。)
 この位の雨量の場合、原発から相当遠い場所のあまり汚染されていない水が蒸発したものが河川・ダム周辺に降り注いだと考えられます。
 そのつもりがなかろうと、私からすると雨の水を混ぜたのと同じですよ。 

 普段流れ込んでくる水と同じものを測りました!と胸を張って言えるような検査結果ではないですよ。
 表面は「減少」でも、ダム湖底の濃度で1ベクレル超えてますから、夏場の渇水期には各所で上がってくる可能性だってあります。
 
 
by 陸軍報道班員の末裔 (2012-06-22 20:11) 

陸軍報道班員の末裔

上の話は、トリチウム分析結果についての話です
by 陸軍報道班員の末裔 (2012-06-22 20:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。