So-net無料ブログ作成
検索選択

阿武隈川取水の水道水は本当に安全なのか? [水道水]

今年の夏は残暑厳しく、今日も暑いですね

ーーーー
岩沼市の水道水は、仙南・仙塩広域水道の七ヶ宿ダムからの南部山浄水と、阿武隈川玉崎浄水を混合して供給されている。 夏になると、使用量が増えることに対して阿武隈川取水を増やしたり、逆に水温が高くなるので阿武隈川取水を減らす?とか まあ、南部山7:玉崎3の割合で考えてよい。

南部山100%にするのは、井口市長さんの決断と水道事業所の一握りのバルブ操作で出来る。
政治はそんなになまやさしいものではないとは思うが今、私達にできることをちゃんとやること、それが、大人の子ども達への努めであると思う。瀬戸内寂聴さん、いわく 「嫌なものは、嫌といっていいの。むしろ、こんな大事なときに何もしないのは罪ですよ。黙っていることは賛成になります」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
 阿武隈川河口の岩沼ではまだセシウム等分析していないので、結果を待たなければならないが、参考まで、隣町の角田の例を取ってどんな具合か調べてみた。放射能から命を守る宮城県南部の会のホープページには水道水の検査結果が掲載されている。これは角田市が行ったものでなく、カンパ、寄付金による浄財で行われた。

 結果は、阿武隈川は南部山と比べて、約10倍のセシウムがあるようだ。角田市の場合、阿武隈川より西側は南部山100%、川の東側、例えば隈東地区は(阿武隈川8:南部山2)。 阿武隈川を越えて供給するには川を越えるパイプライン、ここがネックで送れる水も制限されるらしい。

 分析結果を参照して、メモしてみると
reikai183.jpg
 確かに、国の基準10Bq/kg以下で、目標の1Bq/kgもクリアしているが、被ばくは少なければ少ない方が良いし、水道水の放射性セシウムは出来るだけ少ない方が良いのは自明なことだ。

阿武隈川はどんな風に推移するのか分からないけど、せめて、南部山と阿武隈川が同じくらいになるまでは、南部山100%で供給し、放射線被ばくをできるだけ減らすようにできないものか? ここ2,3年が勝負。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

飲料水.png
 
 チェルノブイリ事故以降のドイツバイエルン地方での分析結果だ。飲料水は青のライン、事故直後は10Bq/kgで、1年経てば0.1Bq/gまで落ち、5年後には0.01Bq/kg程度で落ち着く。 赤のラインは地下水。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。