So-net無料ブログ作成
検索選択

岩沼市水道水にかかるセシウム精密検査 [水道水]



今日、水道事業所の所長さんから連絡あり、岩沼市水道水に関して、阿武隈川原水の精密検査を春夏秋冬の季節毎に検査、薬品や凝集材を工夫してセシウムの除去率を上げることを試みたいとの内容でした。



 。国の基準以下でも、行政が精密な検査を行ってくれるのは1歩前進と思います。

行政は、国基準以下だからという理由で、市としては何も対策を取らないというパターンが一般的ですね。また、土壌のベクレル検査もせずに、空間放射線量が国の基準以下だから対策は必要ないとの姿勢もそうです。



 私達からみれば、原発事故以前の状態に戻して欲しいのが基本です。国の基準以下だと言っても国の基準が高すぎる。例えば水道水は国の基準は10ベクレル/kg以下です。しかし、現実の測定値は以下の図で分かる通り、福島原発事故以前は、0.0001ベクレル/kgとほとんどゼロに近かったのです。



水道水のセシウムの経年変化 



 精密検査の結果では0.005ベクレル/kg です。事故以前と比べると、まだまだ高い。国の基準以下だからといって、何もしないのはおかしい。決してゼロではない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。