So-net無料ブログ作成
検索選択

セシウムは体にどれくらいたまるか?際限なく貯まっていくのか?


参照
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/CsInBody.html#3

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説  「食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために」
を参照しながらのメモ。まだまだわかりにくいけれど。

1)昨日のブログでは3ヶ月で平衡と書いたけど,これも年齢等で変わってくるようだ。上のHPでは、子供の場合は 2、3 ヶ月ですばやく平衡量に達し、大人の場合は何年かかかってゆっくりと平衡量に達することに注意しよう。」とある。 子ども方が平衡に達するのが早い。これは子どもにとって、天の助けなのか?

2)平衡量は、入ってくるセシウムの量に比例。おおざっぱな話だが、5歳の子どもだと、1日1ベクレルとり続けて3ヶ月で30ベクレル、1日10ベクレルとり続けて300ベクレルで平衡すると言う。大人の平衡量はもっと大きい。

3)もっとも、これらは理論値だろうから、実際、体のなかでの挙動は分からない部分が多いと思う。血液にずーといるのか?内蔵に蓄積するのか?おおざっぱな話にしても、無制限にセシウムが体に蓄積されないことは天の助けだ。

4)汚染されていない、もしくは汚染が低い食物を選択して食べることで体のセシウムも減っていく計算。 カリウムも沢山とって、セシウムがなりすます余地を少なくしよう。とにかく、いろんな方法で被ばくを減らそう。最大限手を尽くすこと。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

nao

毎日一定量を食べ続けた場合の放射性セシウムの体内蓄積量を(尿中への排泄量の変化とあわせて)年齢別にシミュレーションできるExcelシートがここ
http://togetter.com/li/205066
で無料配布されています。詳しい使い方も同じところに書いてあります。私もとても重宝していますが、ぜひ一度お試しを。
by nao (2012-11-06 01:48) 

nao

食べ物や飲み物の中の放射性セシウムは、口に入ると食道から胃を通り抜けて小腸で吸収され、血液の流れにのって運ばれて全身の筋肉中に分布したあげく、最終的には尿として排泄されます(セシウムは非常に水に溶けやすい物質で、水が存在できないところにはまず存在できませんので、植物に吸収されたとしてもその種から絞った油の中にはまず検出されません。またストロンチウム90と違って骨の中のCaを置き換え、長く骨の中にとどまることもできません)。小腸で吸収されなかった分は消化管の中を移動して一番下の肛門まで達し、大便と一緒に排泄されることになります。(ヒトの場合尿中の排泄量と大便中への排泄量の割合が80:20程度なのに対し、ウシだとこの割合が逆転します)

by nao (2012-11-06 02:11) 

nao

毎日一定量の放射性セシウムを食べ続けた場合、やがて取り込みの速度と排泄の速度が釣り合う結果、体内蓄積量はある程度まで増えた後頭打ちになり一定値(平衡値)に落ち着きます。平衡値の値は1日接種量と年齢により変わります。
by nao (2012-11-06 02:24) 

関西弁のオジサン

naoさん 毎度のことながらありがとうございます。当会では毎月、例会を開いていて、学習等もやっています。いろいろと参考にさせていただきます。
by 関西弁のオジサン (2012-11-08 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。