So-net無料ブログ作成

6月例会の案内 阿武隈川河川敷の空間放射線量を測定 [月例会 案内]



-------------------------------------
 6月、7月例会 予定
  6月17日(月)です。岩沼市西公民館集合 第3月曜ですので、お間違いなく。             阿武隈川河川敷の空間放射線量を測定します。
                        参加費100円
 ------------------------------------
 7月は上映会です。 
7月16日(火曜日) 自主上映会 岩沼市西公民館 9時半 :詳細は追って
鎌仲ひとみ監督作品 「ミツバチの羽音と地球の回転」    参加費100円

 
-------------------------------------
阿武隈川の阿武隈大橋の左岸(岩沼市)の河川敷がいまだ0.3μSv/hを超、要注意 以下、阿武隈川関連のデータです。
 

1)環境省のデータ

平成25年4月19日


宮城県内の公共用水域における放射性物質モニタリングの測定結果について(1月-3月採取分)(お知らせ)   
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16567

2.結果概要(※は前回(平成24年10月-12月)測定結果)(1) 水質 (検出下限値: 1 Bq/L) Cs134+Cs137 :全地点において不検出 (※全地点において不検出)
(2) 底質 (検出下限値: 10 Bq/ kg(乾泥))
 全体の状況としては、河川、湖沼・水源地ともにおおむね1,000Bq/kg程度以下(沿岸は500Bq/kg以下)であり、横ばい又は減少傾向で推移。



2)阿武隈川はどうか?

 阿武隈川がどうのこうのとかは報道では言っていない。それで、元のデータを詳しくみると辺環境のところで、阿武隈川の所をみると、阿武隈大橋の左岸の土壌セシウム計が3,000ベクレル/kgを超えているのを見つけた。(左岸は岩沼市、右岸は亘理) その場所の空間放射線量は0.3μSv/hを超えている。 一方、右岸の亘理側は500ベクレル.kg以下だ。ここらたりは阿武隈川が大きく湾曲している。ちょうど、アウトコースが岩沼市、インコースが亘理町になる。
土質が粘土質の影響かな。亘理側は砂質

データを以下に示す。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。