So-net無料ブログ作成
検索選択

「~放射線を浴びた~X年後」自主上映会 報告 



 放射能から岩沼を守る会は月1回 開催していますが、今回は「~放射線を浴びた~X年後」自主上映会としました。 いつもの例会よりは多数の方に参加していただき、ありがとうございました。

  2014年6月22日(日) 岩沼市西公民館にて

参加数は33名でした。自主上映会の参加費は、被災地上映故、極力、参加費は安くして、300円としました。映画会社に支払う上映料の多くは、篤志あるカンパ、寄付金等でまかないました。ありがとうございました。  
  1954年、敗戦から9年後、アメリカが行ったビキニ水爆実験。
 時に同じく、原子力発電を推進するための原子力研究開発予算が国会に
 提出された。この時の予算は2億3500万円。
  同じ年の7月1日、自衛隊も設立された。
  それから60年。
 2011年3月11日、私たちは東京電力福島第一原子力発電所事故で、
私たちと列島は汚染された。今、放射線を浴びたX年後はどうなるのか?
 その問いは、私たち自身に向けられていると思います

 上映は83分、上映後、感想等を出してもらいました。「声を出していくこと、自分達で心づもりをしていく。穴を開けていくこと」「黙ってはいけない。弱い者は手を組んで」「赤い子は、セメントに穴をこつこつ開ける。赤い子もたくさんいれば大きな力に」 
 感想文も書いてもらいましたので以下に載せます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。