So-net無料ブログ作成
検索選択

原発ゼロ・戦争させない 岩沼歩き隊! [原発ゼロ]

原発ゼロ・戦争させない 岩沼歩き隊!

2016.10.1(金) 集合:午後4時 岩沼駅前東口広場

*「原発ゼロの日本」を目指す!

*安保法制(戦争法)廃止! 憲法の生きる日本を作ろう

*明日を決めるのは私達! 市民の力で政治を変えよう!

     主催:原発ゼロ・戦争させない岩沼歩き隊実行委員会     

 

  新潟県知事選 反原発知事 米山隆一知事 政権に打撃

 「歴史的勝利」とか言われる。奇跡を起こしたとも。でも、これは奇跡ではない。はっきりとした大義の元、市民と野党が共闘した科学的結果なのだ。

保守王国の新潟で、世界最大の800万kWhの原発があるところで、反原発の知事を選択した。「市民+野党」が、官邸・原子力ムラを打ち破ったのだ。政権は「影響ありません」とうそぶいているが、内心はドキドキだ。
 新潟県民の民意が忠実に反映された。米山知事は、「福島の事故の原因、健康や生活に及ぼす影響、そして避難方法の3つの検証がなされないかぎり、再稼働の議論には移れないと国に伝えたい」と述べた。

 ひとつだけなら、まぐれで負けたことにしてもいい。でも、現実はそうではない。九州電力川内については、鹿児島でも鹿児島県知事 三反園訓(みたぞの さとし)も反原発知事だ。知事は原発を止める法的権限はないが、定期検査のあと、再稼働するさい、地元の同意が必要。さらに、関西電力高浜3,4号機は司法が止めている。

  柏崎刈羽原発は、2007年7月の中越沖地震いらい、止まったままだ。福島の事故以前にすでに止まっている。首都圏の電気供給ということで、新潟、福島に原発が作られた。事故のたび、放射能を浴び、原発難民になるのは地元民だ。新潟県民では、再稼働反対は6割以上 多数を占める。 

 核のゴミを処理することもできないのに、原発推進しているエネ政策は破たんしている。この地震大国の日本に、原発は危なくて、いらない。原発推進は、核に固執する勢力が運転したいだけなのだ。

 我々の地元、女川原発再稼働を許すまじ ! これからが、我々自身の戦いだ。「1+1=2以上」、はっきりとした大義をもって、市民と野党が共闘すれば、展望が開ける。それは、今までの勝利が実証している。

 原発なくても、電気は足りている。再生可能エネルギーで未来をひらこう。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。