So-net無料ブログ作成
検索選択

内部被ばくをを生き抜く 自主上映会 今度の日曜日(26日) [内部被ばく]



内部被ばくをを生き抜く 自主上映会が近づきました。今度の日曜日(26日)、午後2時から岩沼市西公民館で開催されます。西小学校運動会が25日(土)予定されていて、雨天の場合はかちあうことも予想されたけれど、天気は上々、雨の心配はなさそうです。

今回の映画

 「内部被ばくを生き抜く」自主上映会 鎌仲ひとみ監督最新作        4人の医師が語る広島チェルノブイリ、イラク、福島






振り返ると、今年2月、放射能から子どもと私たちの健康を守るために」というテーマで、矢崎とも子先生の講演で勉強しました。「被ばく」の基本を理解し、私達の健康を守るためにできること、しなければならないこと等、具体的なことを学ぶということでした。


 矢崎ともこ先生のお話を思い浮かべると、「ホタル」の話を覚えていますか? ホタルを放射能に例えてのわかりやすい話です。第一原発事故の爆発で、閉じ込めていた、それこそ数え切れない「ホタル」が飛び出しました。2年以上たった今も、ここらにいっぱいいます。本当の蛍なら、光って分かりますが、「ホタル」は目に見えないので、とてもやっかいです。

 それこそ、土の中にも、川にも、海にもいっぱいいます。私達の回りの土壌にも例えば、300ベクレル/kgとかの「ホタル」がいて、それこそ食べることができない位です。この「ホタル」は千変万化で、今のところ、私達が制御できません。土壌の小動物は、そんなところで、生活して一生過ごします。野山や海洋にいる動植物は、もろに「ホタル」を抱え込み、内部被ばくします。

 福島第一原発事故で放出された放射性物質「ホタル」は大半は北太平洋に落ちたとみられています。今朝の河北新報でも掲載されていました。海洋のプランクトンもホタルがいっぱいです。 いろんな食物連鎖をへて、「ホタル」いまや私達の身体の中にもいます。人間は「考える葦」だから、いろいろと工夫して、調理、洗って、ゆでたりするので、身体に入る「ホタル」を減らそうとします。それでも内部被ばくは避けられません。

  人類史上、始まって以来の事故で、低線量長期被ばくの結果、今後どうなるか誰も分かっていません。こういう中で、私達は生き延びていかねばなりません。今回の映画は、単に「内部被ばくとはなにか?」を勉強するだけでなくて、「生き抜く」ためにどうすればよいか?を皆で考えていくキッカケになればと思います。 




nice!(0)  コメント(0) 

感謝して 花を咲かせて 乗り越える 

 沖道ヨガ九州様から支援カンパをいただき、まことにありがとうございます。
ここに深く感謝いたします。
私達の里山 グリーンピア岩沼
 

 冬を乗り越え、里山の木々は賑やかになった。もえぎ色のコナラ林、沢沿いを黄色く彩る山吹の花、すっかり緑になったソメイヨシノ、今、ほどよく、芽吹きに溶けこむ山桜等 みかけは、再生したかのようだが、大地にうごめく小さな虫どもとかバランスが崩れてはいないか? カモシカが目の前を猛スピードで走っていったが、大丈夫か?声は小さいけれど、小鳥たちよ、大地の恵みを取り返せ!長期戦になるが、生き抜いていこう。

 
 今日は憲法記念日、今こそ、日本国憲法前文にあるよう、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。」  復興もままならない現実、いらん原発 、今こそ、憲法の理念に沿って行動するときだ。
 世の中に 原発絶えて 春くれば 森の生き物 喜ぶばかり


nice!(0)  コメント(0) 

自主上映会 鎌仲ひとみ監督作品「内部被ばくを生き抜く」 [月例会 案内]




岩沼市の後援をもらいました。
自主上映会
     鎌仲ひとみ監督作品
  「内部被ばくを生き抜く」
     ☆上映終了後 交流会あり
日時:5月26日(日)午後2時--4時半
                 (午後1時30分開場)
場所: 岩沼市西公民館(駐車場有り) 2階集会室
参加: 定員80名 要事前申込 
    参加費 500円 
 ・お子様連れ大歓迎 お気軽に参加ください。
     (託児あり 要事前申込 200円/1人)
問い合わせ先 :放射能から岩沼を守る会   
            090-5555-0756 小川
          主催 放射能から岩沼を守る会 
          後援 岩沼市 









nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。