So-net無料ブログ作成
食品放射能検査 ブログトップ
前の10件 | -

グリーンピア岩沼のウラベニホテイシメジ 138ベクレル/kg 検出される [食品放射能検査]


岩沼市グリーンピアの林 
ウラベニホテイシメジ放射能  基準超え ウラベニホテイシメジ?どんなキノコ?
検索してみると
松林や雑木林に群生する(コナラ、アカマツなどの地上に群生とあります。
グリーンピアにはコナラやクヌギの雑木林、赤松の林もあります。

どんなキノコか?写真を探して見たけれど、紛らわしいものもあるので、コピーするのをやめました。

野生のキノコ 厳重注意 食べないで。

給食放射能クレーム問題について 岩沼市役所担当部署との面談 [食品放射能検査]


放射能から岩沼を守る会4人(代表と会員3名)で岩沼市役所を訪問
  以下、教育委員会、子ども福祉課、生活環境課、さわやか市政推進課です。

(1)教育委員教育委員会
 西小学校給食の放射能問題

 その時ちょうど、同じようなクレームの電話があり、担当の方はかなり長い電話でした。

 実際、いろいろ話したけれど、「調べることが納入業者との信頼を失う」「100ベクレル以下だから安全」と言う、まさにお役所的な回答で、こどもたちと学校との信頼関係はどこかへ飛んでいった感じです。

 各食材の産地、納入先、放射能検査濃霧とか、教えて下さいと頼みました。 なにか異変があった場合、だれでもその原因は何だろうと素朴な疑問をもつのですが、業者との信頼関係も大事なのですが、これから将来をしょってたつ子どもを守ることがより大事なのではないか? と思います。
 
 給食は否応なしに子ども達がが知らないうちに被ばくする訳ですから、少しでも疑義があれば、何でだろうと調べる気持ちを持って欲しいですね。これからも言い続けなればなりません。

(2) 子ども福祉課
亀塚保育所の給食 放射能問題 

 お話をして食材の産地を調べてもらいました。回答はすぐいただきました。教育委員会よりは問題意識を持っておられるようです。問題の亀塚保育所の食材をみて、どれかなと考えてみたのですが、
 例えば、
ほししいたけ 産地は国産
米粉麺    宮城産だけど 加工食品は危ないのでは?
パン:  小麦粉の産地は不明

 青物や牛乳は北海道方面で、それらで20ベクレル/kgもないもと思いますし、もともと事後検査は幼児ががどれだけ被ばくしたかを知るためのものです。給食食材の事前検査が必要ですね。

(3)生活環境課

 一応、放射能に関する市民の窓口ですが、実際の業務は「測定」するだけで、結果をうけての対応は各担当部署で取るとのことです。測定だけという感じです。

 本当ならば、放射線対策室を設けて、総括的な方針、対策を決めていくことが大事だと思っています。市街会等の一般質問でも、放射線対策室の設置とかの問題も出されていますが、いまだ実現していません。
 ハナトピアの測定室に関する問題も多々あるのですが、今回は時間の関係で話できず。

(4)さわやか市政推進課
 一応、市民のクレームの窓口なので、課長さんに挨拶。

 以前から、「市長さんこんにちわ」を申し込んでいるが、こちららの希望の日と井口市長さんの都合がつかず、延期に延期をを重ねています。それでは、市長さんの空いているときに合わせますということで、「市長さんこんにちわ」の開催を再度、確認しました。

岩沼産のお米、ウナギの放射能 (阿武隈川河口に天然ウナギ) [食品放射能検査]


ハナトピアの放射能測定室での話題

(1)南長谷のお米 放射能検査 玄米
 下限値5.3ベクレル/kgで「不検出」.でした。
 お米を年間60kg食べるとして、おおよそ、摂取する放射能物質は300ベクレル程度

(2)阿武隈川河口付近
阿武隈川にも天然ウナギがいました。ウナギは今回、環境省が絶滅
危惧種に指定しようかと言うほどの貴重なものだが。ただ、放射能検査では90ベクレル/kgということで、食べるのは控えた方がよさそうだ。もう、天然ウナギを食べるチャンスは皆無になる

測定下限値5Bq/kgを超えれば、給食食材に使用しない [食品放射能検査]

岩沼市食品放射能検査に新しい機械が入り、テスト中です。
------------------------------
これで、合計3台となりました。 今朝、行ってきて見てきました。
DSC_0079 (800x450).jpg
新しい機械は、以下のようなものです。EMFジャパン製
http://www.emf-japan.com/emf/emf1/emf211.html


ホームページの説明によると
測定下限値は 測定時間15分、1lマリネリ容器で、セシウム合算5Bq/kg程度となります。
測定時間を延ばすと、検出限界値は下がり、1時間測定すると ▲50%となる。

一方、既存の現在の機械(FS200,FS300)での下限値は?
従来は、Cs合算で30Bq/kg程度、マリネリ容器への変更で15Bqkgと下がったものの、15程度です。
これらと比べると、1歩前進かもしれませんが、まだまだ不十分です。

DSC_0080 (800x450).jpg
1)給食食材の事前検査の実施
------------------------------
最近のニュース
【札幌の給食食材】7/18検査の茨城産さつまいもからセシウム計9.2Bq/kg検出。そして約束どおり、給食への使用を控えた。これは給食食材の事前検査です。
 宮城県の給食食材の事前検査は始まりましたが、その姿勢に積極性がありません。簡易検査で50以下ならば、合格、50以上でれば、精密検査をするとかです。 

 県がそうならば、岩沼市においても、札幌市のように、市独自の基準を設けて積極的にやってもらいたいものです。今回導入された機械は、下限値が合算Cs5Bq/kgなので、利用価値があります。
そして
  「測定下限値5Bq/kgを超えれば、給食食材に使用しない」

という原則で、子どもを守って欲しい。、岩沼市では、給食の事後検査(給食全部マゼコゼ)のみで、事前の検査はやっていないし、やる予定もない。

岩沼市の放射能検査サイト
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/saigai/seikatu/genpatu.html

 

食品放射能検査 限界値を下げる!! [食品放射能検査]

岩沼市の食品放射能検査  検出限界値をさげよう!!
 
1) この岩沼市議会(6月19日)で、渡辺ふさ子議員の一般質問「放射能対策の前進を」の中で「検出限界値をもっと下げるべきだ」という提案に対し、井口市長も検討すると答弁し、安住市民経済部長も「測定容器を「v-11型」から「マリネリ型容器」に変える」と答弁した。答弁によると、給食関係の事後検査では、すでにマリネリ型容器を使っている。一般市民持ち込みの測定もマリネリ型に変更することでした。

---------------------------------------------
2)
早速、タマネギを試しに測定
   結果は、N.Dなのだが、マリネリ型容器への変更で検出限界値は半分以下になった。
   (測定時間は10分間で同じ ) 
          
   従来 はセシウム合算で50 Bq/kg程度が多かったが、今回は「検出限界濃度 Cs-134 :9.3 Bq/kg  Cs-137:8.0 Bq/kg」と、セシウム合算で20Bq/kg以下となった。

3)
ちなみに、同一サンプルで、大河原の「てとてと」でも計測したが、
  (測定時間は30分間 、測定容器はマリネリ型)  
「検出下限値 Cs-134 :6.0 Bq/kg  Cs-137:5.7 q/kg」であった。 ここは測定時間30分間、時間を延ばせば下がることは下がる。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(感想)
  トップが判断するほどの問題でもなく、当たり前の容器を使うということで、実務レベルで決める問題かと思います。v-11型の場合、検出器の上だけに置いてあるだけ、マリネリ型は、真ん中が凹んだ容器で、検出器の上も、周りもサンプルになります。
食品放射能sokutei.jpg

  とりも直さず、マリネリ容器を使用することで、「てとてと」測定の値にも近くなったのは喜ばしいことです。こういう当たり前のことでも、実行されるまで時間がかかりすぎて消耗します。それでも、ともかく、言い続けなければ、何も変わらないと思いますので、言い続けます。

岩沼市の食品放射能測定 もっと検出限界を下げて! [食品放射能検査]

岩沼市ハナトピアでの食品放射能検査 もっと検出限界を下げて!!
  
今回、野生セリを測定してもらったが、検出限界は60Bq/kg位であった。(写真-1 )これでは乳児用食品50Bq/kg以下を確認できない。言わば、100以下かどうかを測っているだけに過ぎないのでは? 使っている千代田テクノル製FS200、FS300の限界なのだろうか? 

要望  以下のことをすれば、検出限界はもっと下がるし、機械の性能をもっと引き出せる。  

      測定容器を現在の「V11」型から「マリネリ容器」へ変える。(以下に詳しく)
      測定時間 今の10分間から20分間以上へ  検出限界は下がる。(この件は、メーカーの千代田テク      ノルに電話して確認済み)
写真-1

    うちの野生セリの測定結果食品放射能148.jpg

サンプルを入れる容器がどうもおかしい?
食品放射能sokutei.jpg
今、使っているのは左図のように、検出器の上に、普通の丸形(これをv-11型容器という)をおいて使用している。明らかに、これだと検出器に接触する部分が少なくなる。 カタログをみると、別な形の容器を使っている。この容器が「マリネリ型容器」だ。 早急に改善すべき。

サンプル容器 

    
 測定容器を現在の「V11」型から「マリネリ容器」へ変える。測定時間を延長しなくても、容器を変えるだけで、検出限界は下がる。

参考まで、話は細かくなるが、、。
--------------------------------------------------
 マリネリ容器、V-11容器
マリネリ容器とは? 
maxam_img.jpg

V-11容器とは?
v-11容器.jpg

岩沼産シイタケ セシウム基準超え [食品放射能検査]

岩沼市の食品放射能検査の結果が、やっと公開されました。
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/020300/020301/shokuhin_houshanou.html

セシウムが100Bq/kg以上検出されたのは、「岩沼産しいたけ」と「丸森産こごみ」です。個人的に持ち込んだものだと思います。詳しい表記がないのですが、岩沼産の原木シイタケ(露地もの)だと思います。原木シイタケは出荷自粛されているので、流通はしていないはずですが、原木シイタケは食べないように。 こごみとかの山菜も高い数値です。
----------------------------------------------------
1)100Bq/kg以上あった場合は、ホームページとか、なんらかの手段で、速やかに市民に公開して欲しい.
2) 計測機の種類、計測時間等も詳しくのせて欲しい。。
 
-----------------------------------------------
                     Cs-134 Cs-137
4月16日 岩沼市西部 しいたけ 61.5 88.0
4月19日 岩沼市東部 しいたけ 216.8 249.3
4月20日 岩沼市西部 しいたけ 120.1 186.8
4月20日 岩沼市中部 しいたけ 149.2 216.4
4月20日 丸森町 しいたけ 223.1 337.1
4月23日 岩沼市東部 しいたけ 70.6 92.6
4月26日 丸森町 こごみ 498.3 652.0


不検出も誤解を招く表現ですね。本当は「検出限界値以下」の表示が正解だと思います。
 不検出 : 検出限界が25Bq/kgだから、セシウム合算で「50Bq/kg以下」です。
 
-------------------------------------------------
保育所、保育園、学校の給食の結果も載っています。いずれも、「不検出」との表示です。

1)品目、産地をもっと詳しく書いて欲しい
2)給食に使用する代表的な食材の検査をして欲しい

----------------------

 

我が家のフキ [食品放射能検査]

我が家の庭に、フキが大きくなりました。
 ハナトピアで放射能検査の結果です。
最近は山菜のシーズンも終わったのか、検査を待つ時間も少なく、すぐ測定してくれるようです。
  結果は、いわゆる、不検出ですが、検出限界は「セシウム合算 51Bq/kg」程度で、51以下は確かなようですが、、、。詳しくは「てとてと」で計測してもらうことに。
食品放射能検査140.jpg
次は、我が家の「セリ」を測ってもらいます。

岩手県では野生のセリは出荷自粛
http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=39078
「奥州市の野生セリで国の定める一般食品の基準値100Bq/㎏を超過 5月28日付けで、奥州市に対して野生セリの出荷及び採取の自粛を要請」


岩沼市の食品放射能測定 結果 公開してください。 [食品放射能検査]

 岩沼市では4月9日から、一般市民持ち込みの食品の放射能検査を開始しました。もう、かれこれ1ヶ月以上たちますが、測定結果は公開されていません。どうかなと思い、今日現在、市のホームページを改めてみると「公開」という文字はないのです。 おかしいなと思い、4月の広報をみると、最後のところに、「市では、この測定データを精査した上でホームページ等に公表する予定です。」とあります。

どうも、ホームページ上では、この文句を削除したようですね? 市では測定結果は公開しないつもりなのでしょうか? 公開をお願いいたします。岩沼市のホームページhttp://www.city.iwanuma.miyagi.jp/index.html

地方自治体での測定については 迅速な測定結果報告がかかせないものだと思います。
 測定結果を公開していただきたくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーー
岩沼市役所生活環境課からの回答は
 「測定結果の公開ですが、ホームページ上で公開する予定で
只今、内部で調整中」とのことで、いましばらく待つことに。
-----------------------------------
とりあえずは、現状をまとめました。            

食品放射ぬ検査138.jpg

食品の放射能検査は誰のため? [食品放射能検査]

食品の放射能検査は誰のため?

今回はフキを計測してもらいました。野生のフキは危ない?のかなと思っていましたが、不検出でした。食品放射能113.jpg

(1)検出限界をさげて!!(測定時間を20分間に)

 不検出と言われても、50Bq/kg以下は確かだが、? 本当の値はどれ位だろうか?を知りたいのです。
 機械メーカーにも確認したが、測定時間を今の10分間から20分間の伸ばせば、検出限界は確かに下がるのです。 市役所の答えは「時間がかかると、測定できる個体数が減るのでね」だったのです。
 
ところが、朗報です。4月末あたりから、測定器は2台になりました。2台になれば、測定時間が2倍になっても数がこなせるのではと期待しています。測定時間を20分に!!!!

(2)計測データを公開
 もう1ヶ月もたつのに、計測結果はまだ公開されていません。「精査してから公開」だったのですが、そろそろ精査も終わって公開しても良いのでは??

 ちなみに我が家の畑で採れた作物を測ってもらった結果の例をのせます。いずれの不検出 NDです。
食品放射能114.jpg



前の10件 | - 食品放射能検査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。