So-net無料ブログ作成
検索選択
食品放射能検査 ブログトップ
- | 次の10件

農水省 業界団体に要請「自主検査をやめよ」「国の基準値を守れ」 [食品放射能検査]

農水省が食品放射能の「自主検査」自粛を業界団体に要請 4月20日文書

食品産業団体の長あて、農水省食品産業局長さんからの文書
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/ryutu/pdf/240420kyokuchou.pdf

同じく農水省食品小売りサービス課長、食品製造卸売課長さんからの文書
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/ryutu/pdf/240420kachou.pdf

お役人の文章を一言で、シュプレヒコールで叫ぶと

「科学的に信頼できる結果を得るため」 自主検査をやめよ!!
「過剰な規制と消費段階でも混乱を避けるため」自主検査をしても、国の基準値を守れ!!
と聞こえる。

 こうなると、基準値と言いながらも、国の基準値は「がまん値」だ。「100ベクレル/kg以下ならば、文句言わずに、お国を信じて食べなはれ」 言語道断!!加害者側の論理ですね。 
 被害者から見れば、10ベクレル/kg以下でもがまんできない人もいるんだ。突然ふってわいたように汚染物資をばらまかれて、ここまではがまんしてくれと言われても、こちらは「元の状態に戻して下さい!!」という回答のみだ。
毎日新聞<放射性物質>民間も国基準で…農水省 食品業界などに通知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120421-00000027-mai-soci

今朝の河北新報にはそんな記事は見当たらなかったのだけど、
「事故調 浪江町民と意見交換」 の記事があった。

 社会システムを専門とする横山委員 「放射能の影響は個人差があり、平均でここなら大丈夫という話ではない」
元放射線医学総合研究所主任研究官 崎山比佐子委員
」 「被ばく線量は低ければ低いほどいい」

以下、参考
世界も驚く日本の基準値
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

食品 放射能検査 タマネギ ND [食品放射能検査]

岩沼
 海から冷たい東風、寒いほどの1日でした。オホーツク海高気圧の性ですね。

(1)タマネギの放射能検査

 今日は、ハナトピアへ行って、タマネギを測ってもらいました。もちろん、新タマネギではなくて、昨年採れたタマネギです。このタマネギは一昨年の11月に苗を植えて、冬を越し、春を迎えたところで、苗は被ばくしました。被ばくしたときは、まだまだ小さな玉だったですが、その後、玉はその後大きくなって収穫されたものです。ぼちぼち食べていたものですが、被ばくはどんなもんか「可視可」するために測りました。

結果  ND
 岩沼市の測定器の検出限界は25Bq/kg程度なので、今回も「検出せず」でした。 
   Cs-134  ND  検出限界(24.8)
   Cs-137  ND  検出限界(18.1)
チャートを添付します。担当者に聞くと、今のところ、検査した物はすべて「不検出」ということでした。

食品放射能検査岩tama096.jpg


(2)土壌の簡易検査

タマネギを取ったあと、7月はじめ、豆を植えたところです。大豆にセシウムは多少は移行して土壌中のセシウムは少なくなったかどうか? 
 地表面での放射線量 0.17μSv/h
地表から5cm程度、何カ所から採取して、簡易測定しました。

結果
  320ベクレル/kg
おおよその参考値なので、正確なものではありませんが、目安となるでしょう。

この畑にジャガイモを植えます。いつもよりも遅めなんですが。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

 あおばた大豆 放射性カリウム 考察 [食品放射能検査]

食品中の放射性カリウムについて考えてみました。

(1)岩沼市の食品放射能検査 あおばた大豆 
 以下 検査結果 一枚のチャートを渡されるだけです。

   Cs-134 ND 検出限界(24.7Bq/kg),、
   Cs-137 ND (検出限界24.0Bq/kg)
                         検査時間は10分で、検出限界は25Bq/kgです。
食品放射能検査岩豆094.jpg

(2)同じサンプルで、大河原のテトテトで測ってもらった結果

いずれも検出限界以下でしたが、測定時間は30分で、検出限界は10Bq/kgでした。 
Bq/kg   
I-131 0.00
Cs-137  4.58
Cs-134 0.00
K-40 553
食品放射能検査岩豆てと095.jpg
てとてと、みんなの放射線測定室の測定では、K-40も測っていて、553Bq/kgと出ました。結構、大きい数値なのですが、

(3)放射性カリウム40の影響はどんなもんでしょうか?

ちょいと調べると 「原子力資料室」http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/4.html
K-40
   「ベータ線を放出してカルシウム-40(40Ca)となる(89.3%)」
   「天然に存在する代表的な放射能で、太陽系がつくられた時から存在している」
   「カリウム1gに放射能強度が30.4ベクレルのカリウム-40が入っている。」
ということで、カリウムの入った食品を取ると、自然に放射性カリウムも体内に入る。内部ひばくも外部ひばくもある。
   「カリウムは必須元素の一つである。成人の体内にある量は140g(放射能強度、4,000ベクレル)で、1日   の摂取量は3.3gである。生物学的半減期は30日とされている。」
ということで、
 K-40は太陽系が始まっていらいあるもんだから、まあ、気にしないでカリウムをたくさん取ろう!! たくさん取っても、体内には一定量しかたまらないそうだ。 カリウムを取るとセシウムの吸収が少なくなるんだ。!!



 



 

岩沼市 食品放射能検査 開始 運用方法を探る [食品放射能検査]

今日、初めて、測定をお願いにいきました。昨年、岩沼の北長谷で取れたジャガイモです。まあ、今頃まで去年のjyガイモを持っているんです。1kgほど、小さい角に切って(皮はめんどうなので、そのままです) 
測定場所 岩沼市のハナトピアです。駐車場から正面の入り口を入って左側です。特に看板もないので、わからないときは事務所に聞きましょう。

 岩沼市の方でも初めてだし、こっちの市民も初めての経験なので、お互い切磋琢磨して、うまい運用方法を作っていけたらと思います。036.JPG

(1)材料の前処理

そのまま、測定器容器にいれて測定  自分では1kg測って持っていったのですが、ジャガイモの片の大きいかったので、測定容器に入ったのは625g程度でした。これでは大きすぎる。035.JPG

(教訓-1)

  できるだけ細かくして持っていきましょう。現場ではなにもしてくれません。そのまま測定容器にいれて測定。せっかく1kg持っていったのだから、もっと細かく刻む方がよいとかサジェスチョンしていただければ助かります。測定してから言われても遅すぎる。


(2) 測定時間と検出限界

 測定時間は10分間でした。10分間測定で検出限界は25ベクレル/kg 、もっと測定時間を長くすれば検出限界を下げることができるのでは? だいぶ話し合いましたが、時間を長くしても検出限界はそんなに下がらないと回答でした。(飲料水の20分間測定結果からの判断) 本当かな??? 
  
(教訓-2)  

今の受付では1時間にひとつの検査だから、測定時間を30分にしても数はまかなえるはず。 市の方では「求められているのは基準以下かどうか?」らしい。それでは本当の安全、安心を得られない。
  測定時間は30分間でお願いしたい。

  自分自身でもどうかな?と思ったので、 「メーカーの千代田テクノル」に電話して確認しました。 期待したとおり、「測定時間を長くすると検出限界は下がってくる」という回答でした。。例えば、10分間測定 10ベクレル/kg前後、20分間にすると7~8ベクレル/kg、30分では5~6ベクレル/kgになる。 放物線的にさがるので、ある程度、限界はある。」「カタログでは25ベクレル/kg(10分間測定時)となっているが、多少、安全サイドを見ている」

 30分間測定すると、一桁ベクレル程度まで、あるかないかわかるのです。

(3)測定結果の考察
放射線jyaga20120410.jpg
  機械がはじき出すレポート一枚をもらう。測定結果は「ND」 検出限界以下でした。 検出限界が25ベクレル/kg程度で「ND」でした。50ベクレル以下が合格とある。 

(教訓-3 )
検出限界の話は前に書いたので、おくとして。
二人の臨時職員がいるので、一人が測定をして、もうひとりが測定方法や結果について説明で きる体制が欲しい。二人を雇うにもお金はかかっているのだから。測定を外部に委託しているにせよ、測定している人は市役所の職員に違いはないのだから。

来週は、昨年とれた「あおばた」を測ってもらおう。早速予約をいれました。(17日午後1時半)

岩沼市の食品放射能測定 受付開始 [食品放射能検査]

 昨日は春の嵐で、すごい風が吹きました。 大型の低気圧は、私たちを夜中中、驚かして不眠にしましたが、同じ頃、女川原発でも、この大型低気圧の影響でアクシデントがありました。原発自信もおどおどして夜明けを待ったのでしょう。  

 今日(5日)から岩沼市の食品放射能測定 受付開始しました。早速、申し込みました。
自家菜園とかの物で、販売していたものでは受付られないとのことです。自分の畑で採れた野菜類ですね。
 
測定は9日(月)から開始です。

(1)測定には「1kgの重さ」

1kg程度の重さがないといけません。私の場合は、昨年とれたジャガイモが結構まだおいてあるので、これを測ってもらおうと思います。(10日 午後13時半)あとは、タマネギとか、豆類ですね。

(2)前処理 みじん切り

みじん切りにして前処理ですかね、細かく切って詰めることです。豆類はそのままでも計れると思います。(市の方では、ゆでて食べる前のようにして下さいと言ってますが。) 隙間のないように。

(3) 何個も申し込めない

できるだけ多くの人に測ってもらいたいですね。今日、ひとつも申し込んだのですが、次の測定は、これが計測終わってからしか、次の物を申し込めません。 ちょっと待ちましょう。 測定は無料です。

 ジャガイモななんかはもう食べてはいるのですが、豆類はまだ食べていません。野菜はたぶん、NDが多いかもしれないが、豆類は数値が少し値が出るのでは?と心配しています。 

(4) 測定結果
  以下のようなスタイルで、測定結果をもらえるようです。
放射線量測定1075.jpg

岩沼市の食品放射能測定への要望 [食品放射能検査]

 岩沼市でも遅まきながら、食品放射能測定器が導入されるようになりました。朝のニュースにような「鎌倉市、1750万円、3ベクレル/kgまで測定できる器械と比べると、ちょっと見劣りするけれど、それなりに期待はするけれど、4月からの新基準値に逢わせるには役不足なのでは?
「放射性物質の感受性が高いといわれる子供たちの安全性の確保が最優先」にして欲しい。!!!!

(1) 測定機器、検出限界値の明示
   
  測定機器や検出限界値を明示してほしいです。
         http://isotope.c-technol.co.jp/pdf/RAD-IQ-FS200.pdf

 測定結果の例を見せてもらいました。確かに100ベクレル以下かどうかは判別できそうですが。
  岩沼市での測定結果例

   仕様では測定時間10分間で25ベクレル/kgとある。実際の測定結果では
        例  測定時間 10分  検出限界は15ベクレル前後 である。
   結果は「ND]ですね。 NDばかりでは安心もできません。

(2) 測定時間を長くすると、もっと検出限界値がさがるのでは?

   この測定時間を2倍にして  測定時間20分にすれば、検出限界は10ベクレル/kgまで下がるのではと思います。給食の測定ではもっと緻密にね。 公表する場合は、測定結果のみならず、品目、産地まで明記して欲しい。 
    それでも、役不足かな?

(3)1ベクレル/kg程度あたりまで測定できる器械を望む
   
  4月から新基準値や放射性物質の感受性が高いといわれる子ども達を考えれば、やっぱり高精度な機械が必要ですね。みんなで要望しよう。
 
              「乳児用食品」  50ベクレル/kg
               「牛乳」      50ベクレル/kg  
               「一般食品」  100ベクレル/kg
                「水」       10ベクレル/kg
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
- | 次の10件 食品放射能検査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。