So-net無料ブログ作成
内部被ばく ブログトップ

内部被ばくをを生き抜く 自主上映会 今度の日曜日(26日) [内部被ばく]



内部被ばくをを生き抜く 自主上映会が近づきました。今度の日曜日(26日)、午後2時から岩沼市西公民館で開催されます。西小学校運動会が25日(土)予定されていて、雨天の場合はかちあうことも予想されたけれど、天気は上々、雨の心配はなさそうです。

今回の映画

 「内部被ばくを生き抜く」自主上映会 鎌仲ひとみ監督最新作        4人の医師が語る広島、チェルノブイリ、イラク、福島






振り返ると、今年2月、放射能から子どもと私たちの健康を守るために」というテーマで、矢崎とも子先生の講演で勉強しました。「被ばく」の基本を理解し、私達の健康を守るためにできること、しなければならないこと等、具体的なことを学ぶということでした。


 矢崎ともこ先生のお話を思い浮かべると、「ホタル」の話を覚えていますか? ホタルを放射能に例えてのわかりやすい話です。第一原発事故の爆発で、閉じ込めていた、それこそ数え切れない「ホタル」が飛び出しました。2年以上たった今も、ここらにいっぱいいます。本当の蛍なら、光って分かりますが、「ホタル」は目に見えないので、とてもやっかいです。

 それこそ、土の中にも、川にも、海にもいっぱいいます。私達の回りの土壌にも例えば、300ベクレル/kgとかの「ホタル」がいて、それこそ食べることができない位です。この「ホタル」は千変万化で、今のところ、私達が制御できません。土壌の小動物は、そんなところで、生活して一生過ごします。野山や海洋にいる動植物は、もろに「ホタル」を抱え込み、内部被ばくします。

 福島第一原発事故で放出された放射性物質「ホタル」は大半は北太平洋に落ちたとみられています。今朝の河北新報でも掲載されていました。海洋のプランクトンもホタルがいっぱいです。 いろんな食物連鎖をへて、「ホタル」いまや私達の身体の中にもいます。人間は「考える葦」だから、いろいろと工夫して、調理、洗って、ゆでたりするので、身体に入る「ホタル」を減らそうとします。それでも内部被ばくは避けられません。

  人類史上、始まって以来の事故で、低線量長期被ばくの結果、今後どうなるか誰も分かっていません。こういう中で、私達は生き延びていかねばなりません。今回の映画は、単に「内部被ばくとはなにか?」を勉強するだけでなくて、「生き抜く」ためにどうすればよいか?を皆で考えていくキッカケになればと思います。 




nice!(0)  コメント(0) 

内部被ばくゼロを目指す [内部被ばく]



自分なりに勉強したことをまとめました。

内部被ばくゼロを目指す。


子どもから放射能を守るレシピ77 免疫力を高めよう!! [内部被ばく]





子どもから放射能を守るレシピ77(境野米子著) 

 産地を選ぶ、よく洗う、酢や塩水につけたり、煮たりするなど。

 さらに、免疫力を高める。放射性物質を排出しやすい身体にする等 







今月の例会のご案内
   10月例会 10月22日(月) 午前10時から

     土壌の放射能汚染等

    岩沼市西公民館にて




やっと宮城県議会本会議で採択されました! [内部被ばく]

風の会さんからメールをいただきました。
以下、転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日(7月6日)やっと宮城県議会本会議で採択されました!

傍聴は12人ほどで、採択のあと、請願者、紹介議員、県執行部(保健福祉部長、環境
生活部長など5人)と45分ほど意見交換もできたとことです

詳しいことは傍聴された方よりのちほど報告があると思いますが、皆様のご協力で採
択にまでこぎつけることができました。

本当にありがとうございました。

今後は実際にどのように体制をつくらせるのか、今回の採択をてこにさらに県当局や
議員と話し合いながらさらに粘り強く進めていかなければなりません。

今後もさらにともに頑張っていきましょう。
まずは第一報として。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(参考:『朝日新聞』7月7日宮城ページより)

原発事故後の健康調査 9 2団体の請願 県議会が採択

東京電力福島第一原発の事故を受け、手どもや妊産婦の健康調査などを求めて県内92の市民団体などが提出していた請願が6日、県議会で採択された。団体のメンバーは「今後の取り組みを注視していく」と話した。

請願は、18歳未満の子どもの甲状腺と内部被曝の継続的な調査、妊産婦の内部被曝や母乳の検査、子どもの積算被曝線量を測定するガラスバッジの配布などを求める内容。2月議会に35団体が共同で提出したが、継続審議になった。
6月議会に92団体で作る「子どもたちと妊産婦を放射能から守る県連絡会」が内容を修正して再提出していた。

連絡会の太田茂樹代表は「どんなことができるか、これから行政と市民、専門家が一緒になって話し合う場ができれば」と話した。

空間放射線量と土壌汚染との関係 [内部被ばく]

空間放射線量と土壌汚染との関係??

 空間放射線量  計器は高価だが、一般市民も計れるようになってきた。まだまだ高価で、もっと安くならないかとつくづく思う。 

空間放射線量と土壌汚染との関係を考えてみよう。土壌汚染の方の測定は簡単にはいかない。街のナントカ測定室に持ち込んで頼むことはできるが、簡単ではない。測定しても、ピンポイントで、土壌は無限にあるからだ。
 
  我々、市民にとってできることは、「空間放射線量から土壌汚染をおおまかに推定」することだろうか。
-----------------------------------------------------
注意点

(1) 空間放射線量は字のごとく、「空間」であるので、四方八方から飛んでくる放射線だ。真下にある地面からだけでない。 畑、田、牧草とか地面の様子や、周りに樹木が多いか?等で変わってくる。だから、土壌の測定の場合は、1mの高さではなくて、地表5cmが望ましい。

(2) 空間放射線量は、行政が発表している値を使わず、実際、測定してみること。
例えば、岩沼では0.07μSv/hあたりになっているが、これは、アスファルト上での値で、市内でも最低レベルである。実際、我々が生活している空間は、0.05μSv/hから0.2μSv/hあたりまでを右往左往している
-------------------------------------------
1.もっともラフな見方
 
農水省の測定データ
   農地土壌放射性物質濃度調査地点図(調査地点全域)   http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/pdf/120323_02_titenzu.pdf

 測定もしないラフな見方だが、岩沼あたりでは500Bq/kg以下 参考程度 

-------------------------------------------------
2.農地土壌の放射性セシウム濃度の簡易算定法
地表面から1mの高さの空間線量率から、農地土壌における放射性セシウムの濃
度を算定する方法
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/pdf/120323_04_santeihou.pdf

例えば

【例】 「その他の地域」の「畑(非黒ボク土)」の場合 →  推定式Hを使用
0.15μSv/h × 2270 - 75 =266 Bq/kg
 この場合の空間放射線量は1m高さとしている。

μSv/h Bq/kg
空間放射線量 土壌汚染
0.05           38.5
0.1          152
0.15          265.5
0.2          379
0.25          492.5
0.3          606

土壌汚染畑.png

福島第一原発事故以前の空間放射線量は0.05μSv/hと言われているので、事故前の土壌汚染は40Bq/kg程度あったことがわかる。核実験の影響が年ごとに減少してきたのに、またもや、元に戻るまでに何十年かかることやら。
---------------------------------------------

3.堀場製作所の簡易キット
 土壌の検出限界は100Bq/kg、300から500くらいは簡易にチェックできる。としても、付属のキットを購入しなかればならないので、一般的ではない。 我が家では思い切って購入、測定してみた。

  例  我が家の庭

    地表5cm 空間放射線量 0.17μSv/h
土壌汚染   320Bq/kg
    
   (我が家方式では、空間放射線量は地表5cmでの測定値をもちいると良さそうだ)
 ----------------------------------------------  

セシウム降下物測定結果? [内部被ばく]

1)福島は1日ごとの計測

2)宮城県は震災以来、計測不能になっていたが、3月から県独自で測定を開始した。

  なぜ、県独自なのか?よくわからない。 宮城県は1週間まとめて、週間ごとにデータをまとめている。

   データ

 福島市  採取場所…福島県原子力センター福島支所(福島市方木田地内)

のデータhttp://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/1000/450/view.html


   宮城県のデータ  旧宮城県消防学校(仙台市宮城野区)

http://www.r-info-miyagi.jp/r-info/other/#7
データ元があちこちにあるので、やっかいであるが、まとめてみた。

比べて見ると 



        セシウム合計  MBq/km2

   青森        0.14 (2月計)

   岩手        3.4  (2月計)

   秋田        0.185 (2月計)

   山形        9.5   (2月計)

   宮城       50     (ただし、3月1日から4月12日まで 合計)

   福島双葉 23,300  (2月計)

   福島市     799    (4月1日から4月23日までの合計)

   茨城ひたちなか 59 (2月計)

   宇都宮      29  (2月計)

(考察)   

青森、秋田は少ないが、岩手、山形、宮城と数値は上がっていく。

福島双葉の原発近くは、途方もない多い数値だ。

福島市も桁違いに、大きい数値だ。

茨城、栃木でも舞い上がり、関東近辺まで舞い上がっていることがわかる。

箱根の西側ではNDが多くなる。




参考まで
(1)定時降下物から放射性セシウムが比較的高い濃度で検出された要因について
http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu-youin0206.pdf

風の強い日はセシウムが舞う [内部被ばく]

風の強い日は要注意!!

3月から開始した 宮城県の降下物測定 の結果です。採取場所…旧宮城県消防学校(仙台市宮城野区)

http://www.r-info-miyagi.jp/r-info/other/#7

単位  MBq/km2
1週間の値
    3月15日から3月22日まで  Cs-134 6.5   Cs-137 5.5
    3月29日から4月5日まで   Cs-134 14   Cs-137 24
他の週は不検出

 風の強い日には土埃も舞うし、セシウムも多く降下するようです。風の強い日は特にマスク着用のこと
風向は西よりの風
daily_s2kae3gatu.png
daily_s2.png
内部被ばく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。